« 太陽光発電 所 | トップページ | 福岡 太陽光発電 »

電気 事業法 太陽光発電

なぜ、温暖化対策として小規模・低落差水力発電は注目されないのでしょうか?近年....
なぜ、温暖化対策として小規模・低落差水力発電は注目されないのでしょうか?近年、新エネルギーとして、風力・太陽光等が注目されていますが、費用対効果では低落差水力発電が一番の様に思うのですが…。近所に太陽光・風力・小規模水力の発電設備が揃った施設があります。リアルタイムで発電量をモニターできるボードがありますが、発電量が一番安定しており、又、発電の絶対量が一番多いのが小規模水力発電の様に感じます。費用対効果を考えても、「あの程度の土木工事なら一般的な風車を作るのと変わらないのでは?」と素人ながら感じるのですが、なぜ小規模水力発電が脚光を浴びないのでしょうか?利水権等の問題がややこしいとの話も聞きますが、・そもそも“利水権”とは? 水力発電は水を利用するのではなく、水の持つ“位置エネルギー”を利用しているだけ。 水路の途中に発電機を置く事が“水の利用”にあたるのか?その法解釈。・例えば利水権を持つ者が発/売電事業をする事に規制がかかるのか?・実はそれ以外に脚光を浴びるに足りない障害があるのか? 等を教えていただければ助かります。日照時間に影響されず、風よりも圧倒的に運動エネルギーの大きい“水”による発電が日本の未来を救う様な気がするのですが・・・。ご教授願います。(続きを読む)



電気事業法太陽光発電
太陽光発電システムを導入した場合に、よくシミュレーションで出されるのがその経済効果です。つまり、電気料金をそのエリアの電気会社の場合と日か期して、月間、年間でどれほど「お値打ち」か、を幾つかの条件を入力して出してみるのです。 ...(続きを読む)



|

« 太陽光発電 所 | トップページ | 福岡 太陽光発電 »

太陽光発電の現在」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512502/23144001

この記事へのトラックバック一覧です: 電気 事業法 太陽光発電:

« 太陽光発電 所 | トップページ | 福岡 太陽光発電 »